Profile


 スカラーギニ・ヨーガ
   sukharaagini yoga

プロフィール




  日本ヨーガ・ニケタンホームページはこちら http://yoganiketan.jp

  日本ヨーガ療法学会ホームページはこちら http://www.yogatherapy.jp/index.html

【ヨーガ療法士の自己紹介】

小牧 理絵子

インド中央政府公認sVYASAヨーガ教師・ヨーガ療法士
(社)日本ヨーガ療法学会認定ヨーガ療法士

profile.JPG

「何のために生きるのだろう」と問う中ヨーガに癒される。2007年より、導かれるように木村慧心先生のもとで「ヨーガ療法」を学びはじめ、「全ての人が自らの力で癒し成長できる!」とまさに魂の学び・生きた智慧に感銘を受ける。クラシックバレエ、ピラティス、骨盤矯正、フェルデンクライス等数々のボディワークを経て、肉体だけではなくさらに微細なところまで意識化でき、統合的人間教育法であるヨーガ療法に夢中になる。ストレス性疾患が増え続ける日本社会において必要不可欠な智慧だと、現在まで学び実践する。
個人や疾患別にも対応しながら活動中。

孤立しがちな妊婦のうちから地域とつながれる子育て支援、女性の力を育てるヨーガ付座談会、引きこもりがちな若者が一歩踏み出すための居場所づくり、高齢者の介護予防、ヨーガを使って多世代交流の場をつくっている。

【経 歴】

2006年 ・東京や関西圏のヨガスタジオで、ヨガ・ピラティス・骨盤矯正等、週10本程レッスン担当。企画開発、新人研修も担当。

2007年 ・ (社)日本ヨーガ療法学会理事長 木村慧心先生に師事

2008年 ・ STOTTピラティス 上級マット&リフォーマー認定試験合格

2009年 ・ インドのマナリにある、ヨーガ・ニケタン、ロータン峠での集中修行会参加
     バンガロールにある、ヨーガ療法施設プラシャンティ・クティラムにて研修
    ・ 大切な仲間に見送られお世話になったヨガスタジオを退社
2010年 ・京都府舞鶴市にてヨーガ療法中心の教室をはじめる
    ・ アーユルヴェーダ医師 ビーマ・バット先生に師事
    ・ 日本マタニティ・ヨーガ指導者養成講座修了

2011年 ・インドのデリー・ジャイプールにて、ヨーガ療法ボランティア
     現地の子ども達にヨーガ療法をおしえる
     デリーにあるヨーガ・ニケタンにて修行会参加

2012年 ・第10回日本ヨーガ療法学会研究総会において、ポスター発表 
     正式に学会認定ヨーガ療法士となる
    ・ボストン・トラウマセンターにおけるヨーガ療法〜
    「トラウマをヨーガで克服する」の著者 デイヴィッド・エマーソン氏によるトラウマセンシティブ・ヨーガ講習会〜修了
    ・第24回内観療法ワークショップ 14時間講習修了

2012年〜・インドのリシケシにあるヨーガ・ニケタンに滞在

2013年  他、ハリドワル・ベナレス・トリヴァンドラム・カニャクマリ・コーチンへ学び旅

2013年 ・ 第11回日本ヨーガ療法学会研究総会において、ポスター発表

2015年現在  放送大学教養学部(心理と教育)に在学中


【ヨーガ療法士としての活動】

・2009年・2010年 貝塚子育て支援センター「母のためのヨーガ」

・2010年〜2014年 舞鶴医療センター附属看護学校市民公開講座
 テーマは「ストレスマネジメント」「腰痛対策」「ロコモティブシンドローム対策」等

・まちサポ妊婦を楽しむ会主催「命を育むマタニティ講座」 (京都府地域力再生プロジェクト)

・綾部若者サポートステーション

・よのなか塾

・福井県大飯町生涯学習課主催ヨーガ教室

・福井県高浜町公民館事業ヨーガ教室

・舞鶴市保健センター「女性のためのヨーガ療法」

・シルバー人材センター


その他、舞鶴・綾部の地域高齢者サロン、特別養護老人ホーム、京都府、郵便局、ダンスチーム、カフェ、ママサークル等に出張。

pphoto1.jpgpphoto2.jpgpphoto3.jpgDSC01028.JPG